サエル 市販

いつも肌の乾燥に悩まされている。
肌に合わない化粧品が増えている気がする。
肌がチクチクしたりピリピリしたり。ひどいときには赤みがある。
乾燥肌に悩まされていると思っている方も敏感肌の可能性を疑ってみましょう。
乾燥肌と敏感肌。似ている症状があるので間違った認識をしている方も多いです。
ですが間違ったケアのままでは改善どころかますます悪化させてしまいます。
そこで敏感肌の特徴をまとめてみました。一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

・敏感肌とはどんな状態?
敏感肌とは医学的な病名ではないので明確な基準がありません。
そのためわかりにくく感じますが、一般的には肌を守るバリア機能が低下することで
肌荒れなどのトラブルを起こす状態を言われています。
敏感肌の状態は肌が本来持っている水分を保持する力が弱くなっているので
乾燥肌と間違われてしまうのです。
どちらも基本的には優先して保湿ケアが必要なのですが、肌が敏感になっているので
保湿剤も選ぶ必要があります。
そして体調や生活習慣など敏感肌の原因には肌ケア以外にも様々な要因が絡んでいるので
見直すことが必要です。

 

・敏感肌の主な特徴とは?
肌を守る正常な機能を果たしていない状態なので外部からの刺激を受けやすくなります。
そのため化粧水がしみたり、普段使っていた化粧品が急に合わなくなることもあります。
中には髪が顔にかかるだけでかぶれるほど敏感になってしまうことも。
敏感肌の方の中には頬づえをつくような肌を触ってしまうクセを持っている方がとても
多いです。肌はとてもデリケートなのでこすりすぎたり触れすぎることも影響を与えます。
その他にもアレルギー反応も敏感肌のひとつでもあります。
金属アレルギーや日光によるアレルギーで肌荒れを起こすのも敏感肌の可能性が高いです。
春先に肌荒れを起こす方も実はアレルゲンである花粉も敏感肌の方には肌トラブルの
原因のひとつなのです。

 

・もっとも多い原因は間違ったケア
敏感肌の最も多い原因は洗いすぎやこすり過ぎによる間違ったスキンケアです。
肌の表面は思っている以上にデリケートです。高い温度のお湯や洗いすぎ、
マッサージやタオルなどで肌をゴシゴシこすることでもバリア機能は簡単に乱れて
機能は低下します。
肌を守るためには皮脂も十分必要なものなので日中も脂紙でのとり過ぎには
注意して下さいね。

 

肌が敏感に傾いている時はとにかく肌に刺激を与えないことが改善の近道です。
日ごろの生活習慣やクセ、そしてスキンケアを見直してみて下さいね。